研究活動まとめ

歩行リハビリセンターHOKORU(デイサービス)、おうちでリハビリ ラシクアーレ(訪問看護ステーション)ではスタッフによる研究活動も行われています。
これらの研究は、弊社(当店)の御利用者に対してより良いサービスを提供する為のものです。

研究まとめ

スクリーンショット 2015-12-29 13.45.54.png健康運動教室「健康トレーニングin月出」発足について
おうちでリハビリ ラシクアーレ 理学療法士/田中聖也

2015年熊本市東区月出にて健康運動教室「健康トレーニングin月出」を月に2回開催
・発足することになったのか
・発足するまでの経緯
・何がもたらせたのか

12115454_868317223264055_6614096421195878104_n.jpg多職種連携の円滑を図るには 〜自宅間取り図を介して〜
歩行リハビリセンターホコル 社会福祉士小平千遥

今年度の介護報酬改定により自宅訪問が義務つけられた。そこで弊社は独自に自宅訪問調査票に工夫を加えた。日常生活の改善・QOLの向上を強く意識したプログラムを理学療法士に依頼し、生活相談員が利用者の状況を把握していることから自宅での効果判定をスムーズに遂行することが可能である。今回、生活相談員としての介入方法も含め自宅訪問調査の工夫を紹介する。

通所介護の臨床において、脳血管障害者の短下肢装具の多くが障害を発症したときに作成した物であり、数年経過した現在では身体に適合しないケースが多数存在する。そこで本研究ではゲイトソリューション(以下GS)とシューホーンブレイス(以下SHB)をそれぞれ装着して歩行させ、その動作をカメラにて撮影し、歩容の違いについて比較した。

12208719_1225875984094748_6191354941947558022_n.jpg当施設利用時の歩行計測とその比較検討 歩数計速の有用性
歩行リハビリセンターホコル 理学療法士佐藤文彦

一般的に身体活動量が多い者は疾患の罹患率や死亡率が低く、運動はメンタルヘルスや生活の質の改善に効果があるとされている。当施設来所時に万歩計を取り付け、利用終了までの3時間の歩数を計測し、今後の目標向上心を賦活できるように来所毎の記録に加え有効記録歩数を500歩以上とルール付けし、1回目と2回目の歩数を対応のあるT検定にて比較した。

介入 BASYSのプラットホーム上で対象者が足関節を意識した重心前後移動を実施する。介入1をインフェイズモード、介入2をアンチフェイズモードとし、各モード異なる日に実施した。2.評価 介入前後において自然歩行を行い、固定撮影する。その後、動画解析ソフトを用いて①ストライド長②立脚相時間③遊脚相時間をそれぞれ非麻痺側、麻痺側から抽出し介入前後を比較した。

11012492_865704843525293_3451975551428305955_n.jpg見られる私(セラピスト)
おうちでリハビリ「ラシクアーレ」 理学療法士田上綾香

【前研究】失語症のある方とのコミュニケーションに難渋したケースについて、会話が進むきっかけとなったのが「記憶を辿る行為」であったことを報告。森岡(2014)は、以下省略「目の観察は心を読みとるために重要である」と定義。コミュニケーションツールは、「共通の記憶」を探る行為なのではないかと考えた。今回課題として随意的な行動の発現を起こす為、対象者が映っている過去の思い入れ深い静止画・動画、全く他人の動画の計3種類をリハビリテーション前に見てもらう。その後の、表情・発言・活動性の変化を観察した。

shutterstock_46575067.jpg懐かしさと私
おうちでリハビリ「ラシクアーレ」 理学療法士田上綾香

【前研究】右片麻痺と運動性失語症のある患者を担当し、コミュニケーションが上手くとれず、リハビリテーション介入に困難を要した。私とのコミュニケーションを避け、表情が硬く、自発的な運動の呼びかけに対し首を横に振るなどの拒否反応が頻回にみられた。しかし記憶を辿れるような介入を期に笑顔や感動を表現するなど感情の豊かさがみられ始めた。次第に自発的な行動もみられたため、この行動変容の意味づけを考察したのでここに報告する。

shutterstock_103665959.jpgマニュアルとハラスメントについて
おうちでリハビリ「ラシクアーレ」 理学療法士浅井清尊

今日のわが国の社会情勢を鑑みると、経済効率優先の裏面として社会モラルの低下が強く問われており、職業倫理感の不足や欠如に起因すると思われる事故や事件が表面化し、職業倫理破壊が始まったと言われている。
そのような状況でどのように新社会人教育を行うと一人前として患者への対応が出来るようになるのか、また教育する側とされる側のメンタルストレスを減少させ効率よく教育できるのか。
今回はマニュアル作成から実行を通して弊社の新人トレーナーのメンタルストレスの変動について報告する。

発表学会

九州学会2.png

ソーシャルワーカー.png

Y’Sグループ

SENSTYLEバナーSENSTYLEバナー
・歩行リハビリセンターHOKORU(ホコル)
SENSTYLEバナーSENSTYLEバナー
・おうちでリハビリ「ラシクアーレ」
SENSTYLEバナーSENSTYLEバナー
・PT-OT研修会